MENU

女性らしさを引き出すホルモン

女性が魅力的になるための、女性ホルモンの正体は「エストロゲン」です。
エストロゲンは、女性らしさを引き出すホルモン。つややかで張りのある美しい髪の毛、きめの細かいみずみずしい肌、豊かなバストが作られるのは、この「エストロゲン」の働きのおかげです。エストロゲンが十分でないと、肌が乾燥したり、肌荒れになったり、しみ、しわ、くすみの原因になります。いくつになっても若々しく魅力的な女性でいるには、不可欠なホルモンです。

 

エストロゲンをコントロールしているのは、大脳視床下部と下垂体です。
下垂体は体内のホルモンの量を察知し、卵巣から分泌するホルモン量を調節する命令を出しています。この下垂体を支配する視床下部は、自律神経をコントロールする機能もあります。女性ホルモンの分泌のリズムが大きく変動すると、近くにある自律神経の調節も影響を受け、バランスを崩しやすくなります。倦怠感、めまい、のぼせ、吐き気、肩こり、動悸などの自律神経失調症の症状がでやすくなります。反対に自律神経失調症が起こると、女性ホルモンの分泌が乱れやすくなってしまいます。

 

 

エストロゲンの低下が体の不調を招く

エストロゲンは、女性らしいからだをつくる働きの他に、さまざまな働きをしています。
骨からカルシウムが減らないようにする機能もあります。そのために更年期に入って、エストロゲンの分泌が少なくなってしまうと、骨粗しょう症になりやすくなります。その他にもコレステロールの増加を抑える、動脈硬化を防ぐ働きもあります。更年期に入っていない女性が、男性と比較して生活習慣病にかかりにくいのも、実は女性ホルモンである、エストロゲンのおかげなのです。

 

しかし更年期に入ってエストロゲンの分泌が減少してしまうと、これまでのエストロゲンの恩恵を受けられなくなってしまします。そのためさまざまな不調や病気になりやすくなってしまいます。代表的なのは更年期障害です。その他にも、泌尿器、子宮体がん、生殖器の委縮症状、乳がんなど、さらには心臓系、血管系などの生活習慣病にもかかりやすくなってしまいます。先にも記述したとおり、エストロゲンにはコレステロールを下げる働きがあります。更年期に入り閉経すると、エストロゲンの分泌が低下し、太りやすくやせにくい状態になります。また血圧が上昇しますので、高脂血症になりやすくなります。そのため心筋梗塞や狭心症などの心疾患や、脳こうそく脳出血などの脳血管障害を起こしやすくなってしまいます。

 

女性ホルモン、特にエストロゲンは女性にとって、美容だけではなく健康においても重要な役割を果たしているのです。