MENU

子宮内膜症の症状

月経のたびに、おなかが張って激しい痛みがある、鎮痛剤を飲んでも効かない、体調が悪くなる・・・
こんな症状に悩んでいませんか。もしかしたら、子宮内膜症かもしれません。
子宮内膜症の主な症状は、月経痛です。我慢してそのままにしておくと、進行して重症化します。その他にも、月経時の腰痛、排便痛、過多月経、貧血、下痢、便秘、頻尿、むくみなどの症状がみられます。

子宮内膜症の原因

子宮内膜症は、本来子宮の内側にある子宮内膜が、子宮の内側以外の増殖してしまうことが原因です。
妊娠の準備で厚くなった子宮内膜は、妊娠しないとはがれ落ち、血液とともに排出されます。このときに内膜の組織の一部が卵管を通って、腹腔内にこぼれおちてしまうことがあります。このこぼれ落ちた一部が腹腔内で増殖してします。この子宮以外にできた病巣も、月経の周期にあわせて、出血してしまうのです。子宮内での出血は、膣から排出されますが、子宮外側の病巣ははがれ落ちて、出血しても出口がありません。その出血が体内にとどまって周囲の組織や臓器に癒着し炎症を起こします。月経のたびに病巣は広がっていきます。

 

また、子宮内膜症の原因として考えられている「免疫説」があります。血液中には、マクロファージという免疫細胞があります。マクロファージはがん細胞などの異物を退治する働きがあります。子宮周辺にもマクロファージが存在し、月経になると卵管や卵巣などにこぼれおちてきた子宮内膜をきれいしてくれます。しかし、免疫力が落ちていたり、バランスが崩れていると、マクロファージの機能が弱まってしまいます。その結果、子宮内膜症に繋がるのでは、というのが免疫説です。
子宮内膜症にかかる人、かからない人がいるのは、人によって免疫力に差があるためと考えられるのです。

 


◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!!◆10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法