MENU

低用量ピルもホルモン補充療法(HRT)も、女性ホルモンを補充し、更年期や月経前症候群、子宮筋腫などの症状を軽減するという目的で処方されます。
ですがやはり気になるのは、副作用のことですね。女性ホルモン剤を使用することによって、おこる副作用についてまとめました。

低用量ピル 副作用

低用量ピルを飲み始めた時、今まで体内で分泌されていた女性ホルモンに、さらに女性ホルモンが加わることになります。もちろん、ホルモン量が少し増えます。人によっても違いはありますが、妊娠初期におこる「つわり」に似た吐き気やおう吐などの症状がでる人もいます。その他には、乳房の痛み、頭痛、少量の不正出血がみられる人もいます。

 

これらの症状は服用して最初の1〜2カ月目におこります。2〜3カ月服用を続けていくうちに、ほとんどの人の症状は治ります。

 

服用して2〜3カ月が過ぎても、副作用の症状が治まらない場合は、服用中のピルが体に合っていないという可能性が考えられます。医師に相談してみましょう。ピルの種類を変えるという方法もあります。
また、避妊としての効果は減ってしまいますが、ピル錠剤を歯で割って半分ずつ飲むことで、副作用が治まるというケースもみられます。避妊の効果も2〜3週間後には戻ります。毎日飲み続けなければならないピルですので、不安や不調が長く続くようだったら、医師に相談してみましょう。

 

おりものが増えるという場合もあるようです。この症状も一時的なものなので、2〜3週間ほどで治まります。反対におりものが減ったという人もいるようです。これはピルによって、子宮頚粘液の粘りが増すからです。

 

また非常にまれなケースですが、血管内に塊ができて、血管がつまってしまう病気の原因となる「血栓症」の副作用が出る場合もあります。下肢の静脈が腫れたり、痛んだりするなどの症状があらわれたら服用をやめ、医師に相談しましょう。「血栓症」は喫煙者に多い病気です。タバコを吸っている人がピルを服用すると、血栓症の可能性が高くなってしまいます。特に年齢が高い喫煙者はピルの服用はやめましょう。乳がん、子宮がんの人も、症状を悪化させてしまうので、飲むことはできません。

 

ホルモン補充療法(HRT) 副作用

ホルモン補充療法(HRT)においても、低用量ピルと似たような副作用が出る場合があります。こちらもHRTを続けていくうちに、軽減されていきます。しかし、その症状が長く続いて改善されない、症状がひどい場合には医師に相談しましょう。特に痛みを伴う浮腫(むくみ)、全身のかゆみ、ひどい片頭痛、肝臓障害による黄疸などの症状があらわれた場合は、HRTはすぐに中止しなければなりません。

 

実際に副作用が出る場合はほとんどありません。過剰に心配をすることはないでしょう。もし副作用と考えられる症状があらわれた場合には、すぐに医師に相談すると良いでしょう。