MENU

気・血・水のバランス

漢方では、「気・血・水」のバランスが重要とされます。月経周期の乱れは、ストレス過多や過激なダイエットで、この気・血・水のバランスが崩れ、「血虚(けっきょ)」や「気虚(きっきょ)」の状態になるとこが原因とされています。
漢方では月経周期と日数、経血の量や色には、関連性があるといわれています。五臓では腎と肝と脾が月経に関係しているとされています。
ストレスが多く、睡眠不足が続き、感情の乱れがあると、肝の機能が停滞し、自律神経が失調してしまいます。すると、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。結果、月経周期は不規則になり、経血の量も一定しなくなってしまいます。また、「血」が不足すると全身に行きわたらなくなり、月経は遅れがちになってしまします。また、「気」の力が弱まって、血の流れを統制できなくなってしまうと、通常、3〜7日で終わる月経が長引いてしまいます。

 

月経不順の乱れは「気・血・水」のバランスを整えることが重要なのです。

月経不順に効く漢方

月経不順に効果のある漢方薬をご紹介します。

 

人によって原因や症状は違ってきます。あなたのさまざまな症状に合った漢方薬を処方してもらうためにも、婦人科へご相談されることをおすすめします。また、医師に処方してもらうことで、保険も効くので、安く購入することもできます。

 

【月経不順 漢方薬】
当期芍薬散(とうきしゃくやくさん)・・・顔色が青白い、冷えがある女性
温経湯(うんけいとう)・・・手足のほてり、口の渇き、冷えがある女性
加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・イライラを伴う女性
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・・・頭痛、肩こり、目のまわりのクマ、ほてり、のぼせ、冷えがある女性

 

おすすめの食べ物は、しそ、山芋、納豆、ユリ根、シナモンです。
ストレスが強い人には、なつめ、はす、ユリ根など、精神が落ち着く効果のあるものがおすすめ。胃腸が弱い人は、甘いもの、脂っこいものを控えましょう。