MENU

女性ホルモン注射

不妊治療や生理不順など、さまざまな婦人病の治療に、女性ホルモンを注射で投与し、治していく方法もあります。
また、性同一性障害の治療として、投与することができます。

 

女性ホルモンの注射は、病院で医師の管理化の下、医師の判断で行われるものです。医師が必要と判断した場合のみ、女性ホルモンの注射は可能となります。

 

バストアップや美肌など美容効果を目的とした、女性ホルモンの注射は認められてはいません。

 

女性ホルモンの注射を投与する場合は、定期的な投与が必要となります。定期的に病院に通うことになります。

 

女性ホルモン注射副作用

女性ホルモンを注射で補う場合、やはり気になるのは副作用のことです。女性ホルモンを過剰摂取すると、乳がんのリスクが高まったり、肝機能へ障害が起こるリスクが高まります。

 

必ず専門の医師と相談しましょう。親身になって相談に乗ってくれるはずです。まずはじめに血液検査をし、女性ホルモンがどのぐらい出ているのかを調べてもらいましょう。その結果で、少しの女性ホルモンの補充で体調が改善できると判断されれば、低容量ピルや、ホルモン補充療法(HRT)の治療が最善と考えられます。これらは女性ホルモン注射に比べると副作用が少なく、乳がんや肝機能障害へのリスクの心配がほとんどないためです。

 

医師に検査してもらった上で、女性ホルモンの注射が必要な場合は、副作用の説明をよく聞き、納得した上で投与を受けましょう。