スポンサードリ ンク

女性ホルモンはどこから出るの?

女性ホルモンは卵巣で作られています。ですが卵巣が自ら判断して女性ホルモンを作っているわけではありません。卵巣に女性ホルモンを出すように指令を出しているのは、脳の視床下部というところです。視床下部は下垂体に指令を出します。すると下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します。この性腺刺激ホルモンは、黄体体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンという二つのホルモンがあります。これらが卵巣に働きかけ、エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンを分泌させるのです。

女性ホルモンを出す判断

女性ホルモンの分泌を指令する視床下部は、どのように指令を下す判断をしているのでしょう。実はそのサインを出しているのは血液。脳は血液中のホルモン状況を読み取り、視床下部はその情報に基づいて命令をだしているのです。
月経が終わるころには、血液の中のエストロゲンは少なくなっています。この情報は血液の循環で視床下部に伝わります。視床下部から下垂体、卵巣の順に情報が伝達され、卵巣がエストロゲンを作りはじめるのです。
このホルモンのサイクルには、フィードバック機能があります。視床下部から一方的に分泌の命令を出すだけではなく、卵巣からも脳に情報が伝達され、ホルモンの調節をおこなっているのです。

スポンサードリ ンク